耐震補強のススメ


=ご存知ですか?=

 

一言で「耐震」と言っても、種類があることをご存知ですか?お住まいの住宅、ライフスタイルなど、総合的にみて、どのような工法にするか、また、費用・工期・将来にわたる生活設計も考え、どのような暮らしを目指して補強をしていくかを、しっかりと検討する必要があるのです。

 

耐震

 

耐震は建物の柱や壁などの骨組みを強化し、大きな地震がきても壊れないようにします。
また、地震の揺れを防ぐような付属の装置は使わないのも特徴です。
建物をどのように作るかは、建築基準法により定められています。
1981年に建築基準法が改正され、『新耐震基準』が採用されるようになりました。
したがって、1981年(昭和56年)以降の建築物は比較的安全といわれています。
しかし、まだ建築基準法改正以前に建てられた建物も多く、平成7年に発生した阪神大震災では、改正以前に建てられた建築物の被害が比較的多く見受けられました。

 

免震

 

免震は地震の震動が構造物に対して直接伝わらないように軽減する構造のことです。
建物の上部と基礎の間に緩衝装置を設置して、地震のエネルギーを吸収し建物の揺れを軽減します。
免震には初期コストやメンテナンスコストが甚大になるデメリットもあります。
ですが、一般的な構造と比べて、1/3~1/10程度に地震力を減らすことができ、地震の時に建物が壊れるだけでなく、家具などの転倒も起こしにくく、精密機器などの破損も防ぐことができます。

 

制震(制振)

 

制震は建物にダンパーと呼ばれる振幅(しんぷく)をおさえる装置を設置し、揺れを吸収することです。
地震が発生したら、建物の変形を装置が吸収し、揺れを少なくします。
免震に比べコストは安価なので、主にマンションやビルなど大規模な建築物に利用されますが、最近は住宅などへの導入が進んでいます。

 

 

 

 

岡山工務店は、阪神大震災・東日本大震災の経験を踏まえ、お客様の安心・安全を第一に、安全で高品質な住まいをご提供いたします。
耐震補強工事、耐震住宅のご提案、その他、何でもお気軽にお問い合わせください。

 
ジョイナスReフォームはこちらから!

 

  • tH[
  • ϐk⋭
  • z
  • GA[uZ
  • ql̐
  • WCiXZ
  • ynp
  • ϐk